コンザツ
頭の中が混雑している人が書く雑記ブログ
ブログ運営

【迷うなら撤去】ブログにコメント欄が不必要な理由【一部のブログを除く】

私のブログにはコメント欄がありません。

どうも、コンザツ(@kon_zatsu)です。

私は現在、複数のブログを運営していますが、いずれのブログにもコメント欄を設置していません。

必要性をまったく感じず、コメント欄を作るメリットはなく、逆にデメリットはたくさんある、そんな状況です。

私のこれまでのコメント欄との付き合い方を紹介しながら、ブログにコメント欄が必要ではない理由をまとめます。

ブログの取り扱っているジャンルによっては必要な場合もあると思います

今はコメント欄を設置していないけど設置したことがある

複数ブログを運営していていずれもコメント欄を現在は設置していませんが、過去には設置をしていたことがあります。

2012年から約1年ほど運営していたブログには設けていました。

そのブログは特化型情報提供サイトで、個人的な感想や主観をほとんど含まないブログでした。

そのため、情報を提供してくださる方はいても、なんらかの議論や意見が投げかけられることはありませんでした。

現在運営している特化型サイトは開設後二週間は設置していましたが、撤去。

このブログには最初から設置していません。



私のブログにコメント欄が必要ない理由

メンタル激弱 コメントが理由でブログが継続できなくなる

メンタル激弱というより、HSPであることが関係していそうです。

【当事者が思う】のぶみさんがHSPとHSCを誤解しているようにみえる件絵本作家・のぶみさんがHSP(HSC)に関する投稿をインスタにしました。その投稿をHSP当事者のブログ執筆者がぶった切ります。HSPがどんなもので、そういう苦労をしているのか。その対処法やHSPの良い点についても書いています。...

コメント欄は、良いコメントや特に気になることのないコメントだけがくるわけではありません。

自分が全く意図していないコメントや、不快なコメントがくることがあります。

私は、ブログを継続していくためにコメント欄を設置していません。

ネガティブなコメントが嫌

特化型ブログに2週間ほどコメント欄を設置していたのに外していた理由はこちらです。

私の主観が入った記事への過激な反論コメント

2週間で唯一寄せられたコメントがそれでした。

はっきり言って

知らんがな!

というような微妙な内容だったのですが、これはこのままコメント欄を解放していたらまたこの人に何かを言われるだろうなと感じて、これがきっかけでコメント欄を閉じ、後から作ったこのブログへの設置はまったく考えませんでした。

承認制をとっていたので、躊躇なく過激なコメントを送ってきたのだと思います。

絡まれたくない

上と似たような理由です。

厄介な人は絡まれると、自分が認められたような気がして喜びます。

また、自分が否定されたように感じて激しい怒りの感情を爆発させます。

私は以前、ネットゲームで勝っただけで絡まれる(厳密にいうと絡まれた人をかばった)、二次創作をしていた時に私の作品を読んで気を悪くした人(ちゃんと説明書きに話の傾向を書いていたのに)に個人攻撃をされるという経験をしたことがあります。

この攻撃してきた人達の対処は同じです。

「相手にしない」

相手にしている限り、自分が認められているからもっとやってくるし、自分が否定されたように感じるのでマウントを取ろうとしてきます。

放っておくしかありません。

このような個人攻撃の窓口となりかねないコメント欄は不要だと思っています。

(相手にしないことでエスカレートする人も多くいます)

コメント欄ではなくTwitterで十分

ブログ専用のTwitterだと、よほどのことがない限りおかしなことにはなりません。

ブログを運営しているのは自分ですが、Twitterの運営をしているのは他人です。

その他人に通報する機能があって、それなりの対処をしてもらうことができます。

また、リプライで絡まれた場合、他の人から丸見えのため誰かが仲介してくれたり、かばってくれたり、ツッコミをいれてくれたりして、解決することがあります。

DMも相互フォローだけにしておけばDMでおかしなことを言われることもありません。

特化型ブログに過激なコメントが来た時、Twitterアカウントを同時運用していましたが、そちらには無反応でした。

そういうことです。

お問い合わせページがあれば尚良し

アドセンス審査のため、またはASPや企業案件を受け入れるためにお問い合わせページを設けている人がほとんどだと思います。

私はそれで十分だと思っています。

今のところ、お問い合わせページから私を攻撃するようなメッセージが届いたことはありません。

(嫌な気持ちにさせるものはありましたが、対私ではありませんでした)

WordPressのお問い合わせフォーム(コンタクトフォーム)プラグイン「Contact Form7」にはIPアドレス取得機能があり、それを活用して固定IPからのメッセージをブロックすることができます。

メールフォームプラグインの「Contact Form7」にIP制限をかける方法 | 寝ログ

お問い合わせフォームを使ってまでネガティブメッセージを送ってくる人は、よほどのことがない限りありませんが、念のため寝ログさんのページへのリンクを貼っておきます。

(寝ログはWordPress無料テーマ「CoCoon」の制作者であるわいひらさんのブログ)



安定した精神状況でブログを運営したいならコメント欄は不要

このようなブロガーやブログであれば、コメント欄は必要かもしれません。

  • 読者とブログで交流したい
  • 読者から情報を得たい
  • その情報をコメント欄に残しておきたい
  • どんなコメントが来ても耐えられる強靭なメンタルを持っている

ですが、少しでもコメント欄を開設することに不安のある方には必要ないと私は思っています。

コメント送信者の身勝手な苦情、クレーム、絡み、煽りで気落ちをしてやる気をなくしたり、傷ついたりするくらいならコメント欄なんて作らなくて良いのです。

良くないコメントを送信する理由
  1. ブログ内容に対する純粋な批判や批評
  2. 相手に悪い言葉を投げかけることによってストレスの発散や解消をしている
  3. 自分を認められたい(承認欲求)
  4. 相手より自分が上であるということを誇示したい(マウント、マウンティング)

1はともかく、2から4でブロガーが疲弊するいわれはありません。

迷うなら

撤去しようよ

コメント欄



【参考】YouTubeのコメント欄とブロックについての動画

ブロガーとしても有名なでろりんさん(「でろブロ」)の動画を最後にご紹介します。

YouTubeのコメント欄とブログのコメント欄は厳密にいうと違いますが、性質は似ていると思いますので、興味のある方は是非見てください。

でろりんさんと奥様が運営する猫ちゃんねる「ねこほうチャンネル」もとても素敵なのでぜひ。

(ブログ「ねこほう」も要チェックです)

ハムちゃん、マロちゃん、チロくん、モモちゃん、みんなかわいいっ!