コンザツ
頭の中が混雑している人が書く雑記ブログ
ダイエット

dヘルスケアアプリで元を取れるのか1か月やってみた【2018年12月】

この記事の要点
  1. dヘルスケアについて
  2. dヘルスケアアプリについて
  3. dヘルスケアアプリを1か月使用して元は取れるのか
  4. 歩いてオトクとの併用必須!

運動が苦手、嫌いな人はわかっていてもスポーツ、適度な運動を日課にすることはできません。

かくいうワタクシ、執筆者コンイロもそのうちのひとり。

ですが、とあるサービスとそのアプリで無理矢理ぎりぎり習慣化することができています。

そんな私のやる気に種火をつけてくれるサービスdヘルスケアの紹介と、その成果をご紹介します。

dヘルスケアとは何か

dヘルスケアはNTT docomo(以下・ドコモ)の月額料金サービス(有料サービス)です。

500円+税/月で様々な健康管理アプリを利用できるサービスです。

総合ヘルスケア、ダイエット、女性の体調管理、筋トレ・ストレッチサポート、服薬管理、健康データ管理、栄養管理など様々なアプリを利用することができます。

2019年1月現在、有料会員は22種類のアプリを使い放題。

その中に、使うだけでdポイントをもらうことができるアプリがふたつあります。

「歩いてオトク」と、この記事で紹介する「dヘルスケア」(以下、dヘルスケアアプリとします)です。

アプリだけではなく、健康に関する商品の割引や施設利用料金の割引システムもあり、健康を気にする方にうってつけのサービスです。



dヘルスケアには有料会員と無料会員がある

dヘルスケアには機能使い放題の有料会員と、制限のある無料会員があります。

有料会員になれるのはドコモ回線契約者のみ

dアカウントを所持していれば、誰でも無料会員になることができます。

dアカウントはドコモの回線を利用していなくても会員になることができるので、auやソフトバンク、MVNOユーザでも気軽に利用できます。

しかし、一部の機能に制限がかけられています。

  • アプリはdヘルスケアアプリしか使えない
  • dヘルスケアアプリのミッションをクリアしてもポイントがハズレてもらえない場合がある
  • 各種割引とうの会員特典を使えない

以上のように、無料会員にはかなりキツめの使用制限がなされています。

初回31日間無料は入るタイミングが重要

dヘルスケアは一か月500円+税で利用することができるサービスです。

これは他のドコモの月額料金サービスと同じで、初回31日間無料で使うことができます。

入会した月は料金がかからないというお得システムです。

が!

入り方を間違えると数日間しか無料期間がない、なんてことになってしまいます。

というのも、dヘルスケアは有料になったタイミングで月額料金が発生するから。

日割り計算はされないので、32日目になった瞬間に500円+税が課金されます。

月末に加入してしまうと、翌月末に32日目を迎えてしまい、その時点で500円が!となるということです。

節約をしたい!という方は、ご注意ください。

言葉の使い方が上手いなぁ……。



dヘルスケアアプリについて

dヘルスケアアプリは無料でダウンロードすることができます。

先に説明した通り、キャリア関係なく、dアカウントを持っていれば使うことができます。

dポイントを貰えるサービスなので、dアカウントを持っていることが第一条件になります。

どうやったらdポイントを貰えるのか

dヘルスケアアプリでは、ミッションをクリアするとdポイントを貰うことができます。

1日に3つずつミッションが与えられ、1ミッションごとにdポイントを貰えますが、ここで有料会員と無料会員の差が出ます。

有料会員はミッション終了後必ずdポイントが付与されますが、無料会員はハズレの場合があります。

ミッションはいずれも簡単です。

dヘルスケアアプリのミッション
  1. 体重の入力
  2. コラムやアドバイスを読む
  3. 指定された分歩く(歩数)

3が少し厄介で、基本的に毎日あります。

なかったのは年末年始に1度だけ。

緩和されたのも年末年始に数日だけです。

  • 4,000歩(月に1~2回)
  • 5,000歩(月に2~3回)
  • 6,000歩(デフォルト)
  • 8,000歩(月に1~2回)

このいずれかの歩数ミッションが課せられます。

ちなみに、これを書いている今日、2019年1月5日(土曜日)の私の歩数ミッションは8,000歩です……。

ミッション後にガラガラを回してポイントを貰います。

貰えるポイントはブロンズ、シルバー、ゴールドの3段階に分けられ、シルバー以上は2ケタ貰えます。



dヘルスケアアプリを一か月使った結果(2018年12月)

2018年12月の私のdヘルスケアアプリで貰えたdポイントは以下の画像の通りです。

340ポイントでした!

2~3回ほど歩数を達成できませんでした。

もし、その2~3回達成できていたら……いや、できていたとしても

元は取れません!!

10ポイント以上もらえたミッションはたった4回。

(うち1回はクリスマスプレゼントで30ポイントと記憶)

ちなみに今日、2019年1月5日はミッション3つこなして貰えたポイントは4です。

ハズレ日だとこんな感じです。

dヘルスケアアプリだけでは元は取れないと思っておいた方がダメージは少なくなります。

「歩いてオトク」アプリと併用することでポイントを追加でもらうことができますので、絶対に併用しましょう!



歩いてオトクとの併用必須

dヘルスケアのサービスで利用できるアプリに「歩いてオトク」というものがあります。

こちらは歩数特化型のアプリで、一定歩数をクリアするとランダムでポイントが付与されます。

歩き回って観光(ツアー)するという仕様で、観光スポットに到着するとdポイントの入ったギフトボックスを貰えます。

ツアーのゴールを迎えると、貰ったボックスが開封され、dポイント(期間・用途限定)が付与されます。

スポット到達後にアプリを開かないまま次のスポットに到達してしまうと、ギフトを貰うチャンスを逃します。

私も3回やらかしました。

必ずポイントがもらえるログインボーナス(デイリーボーナス)がありますし、ある程度歩いたらアプリを開く、ということを習慣づけてポイントを逃さないようにしましょう。

1日20,000歩(2万歩)までポイント分のカウントになります、それより多く歩いてもポイントは増えません。

では、この歩いてオトクの2018年12月の私の獲得ポイントをご紹介しましょう。

100ポイントでした!

(一日の平均歩数6,000歩弱)

dヘルスケアアプリが340で、歩いてオトクが100。

340+100=440

月額料金500円+税

これでも元は取れません!

理由は簡単です。

歩いてオトクをオトクにやるには、dヘルスケアの毎日のミッションでこなす歩数では全然足りないということです。

※12月のツアーに通常のツアーではなく、クーポン、キャンペーンのツアーが複数混ざっていたので、もしかするとその分ポイントが少ないのかもしれません



【結論】とにかく歩きまくること

とにかく毎日歩きまくり、「歩いてオトク」の歩数を稼ぐことが「dヘルスケア」のサービスで元を取る第一歩になります。

dヘルスケアアプリ単独で元を取るのは、恐らく相当困難だと思われますので、気を強く持って足をしっかり動かしましょう!

決して手を使って端末を振らないように……げふんげふん。

RELATED POST