コンザツ
頭の中が混雑している人が書く雑記ブログ
アトピー性皮膚炎

はしか・風疹の混合MRワクチンって痛いの?痛くないの?副反応や副作用は【大人のMRワクチン接種体験談】

2019年1月。

私が居住している県のお隣の県ではしかの集団感染、発症が起こりました。

その中に、私の県に住んでいる人が複数含まれ、そこから二次感染も発生してしまったため、定期接種一回世代の私は、はしかのワクチン、予防接種をすることを決意し、受けてきました。

今回の体験談レポートでは、

「MRワクチンの痛みについて」

について書いていきます!

あくまでも私の体験談であり、接種を推奨するような記事ではありません。

感じ方には個人差があります。

接種を希望する方はまず、医師や役所の医療課等にご相談ください。

【はじめに】はしかの定期接種とワクチンの種類について

はしかのワクチンについて

はしか(麻しん、麻疹)のワクチンには通常二種類あります。

  1. はしか単独のワクチン
  2. はしかと風疹の混合ワクチン
    通称・MRワクチン

私は幼少期に風疹に罹患しており、かつ、結婚、妊娠、出産の予定がありません。

また、周りにそれに該当する人もいないため、はしか単独のワクチンを希望していました。

しかし、現在ははしかと風疹の混合であるMRワクチンが主流で、私が受けることを希望した医療機関でははしか単独ワクチンの取り扱いがありませんでした。

ですので、私が受けてきたのはMRワクチンの接種です。

私が受けたMRワクチンの料金

調べてみると、相場が

9,000~12,000円

ということでした。

私の打った医療機関での請求額もここに収まっています。

私が住んでいる自治体では大人のMRワクチン接種の助成がないため、全額自己負担でしたが、自治体によっては補助、助成がありますので、あらかじめ役所にご相談ください。

はしか予防接種の定期接種とは

1977年(昭和52年)4月2日~1990年(平成2年)4月1日に産まれた人は、はしかの定期予防接種は一回でした。

私はこの世代の生まれです。

しかし、その後一回の接種では予防には不十分ということになりました。

1990年(平成2年)4月2日~2000年(平成12年)4月1日に産まれた人達は特例措置対象者にあたり、その制度を利用して二度目の接種を行った人もいれば、一度目の接種をしたきりの人もいます。

それより後に産まれた人達は定期接種が二回になっています。

今回の集団感染は、反ワクチンの団体の研修会で発生したもの。

その発生状況を見ると、ほとんどが未接種、1回接種の人達です。

これを見て私は「これは危険な状況だ」と判断し、予防接種を受けることにしました。

はしかの予防接種を受けることを決意したお話2019年1月。 隣県の研修会ではしかの集団感染が起き、その中に私が住んでいる県に住んでいる人も含まれていました。 そして、...



はしか・風疹の混合MRワクチン | 痛みはどの程度なのか

MRワクチンの注射方法は「皮下注射」

代表的な注射方法といえば、点滴等の「静脈注射」とホルモン剤等の「筋肉注射」に分かれますが、MRワクチンの注射方法はそのどちらでもありません。

皮膚の下にこそっと注入する「皮下注射」です。

静脈注射や筋肉注射よりも皮膚に近い位置に刺します。

MRワクチン以外で代表的なものといえば、インフルエンザの予防接種もこれにあたります。

と、聞くと痛みが強いのでは、打った後の副反応による腫脹(腫れや突っ張り)や痛み、発赤が酷いように思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありませんでした。

【私の体験談】MRワクチン注射はまったく痛くない

これは医師の技量や個人の痛みの感じ方によって差があるかもしれませんが、私はまったく痛くありませんでした!

事前に痛みについて調べてみても、大人になってから受けた人はほとんどいないようで、情報がさっぱり得られませんでした。

「MRワクチン 大人 痛い」

とかで調べても全然出てきませんでした。

唯一得られた情報では、インフルエンザと同等であるというくくりがされていました。

私はアレルギー体質で、インフルエンザの予防接種は医師と相談の上回避しています。

MRワクチンに関してはアレルギーの恐れはかなり低いのでは、という判断の元接種を行いました。

そのため私自身の経験ではなく、インフルエンザの予防接種を受けている家族の感想とすり合わせて、比較してみました。

MRワクチンの接種の痛みや副反応
  1. 痛みはほぼないので、インフルエンザの方が痛そう
  2. 副反応もほぼないので、明らかにインフルエンザの副反応の方が酷そう

副反応については次の項目に書きます。

【補足】子宮頸がんワクチンが痛い理由は筋肉注射だから

子宮頸がんのワクチンはとても痛いと言われています。

この強い痛みが、いろいろな問題を引き起こしているのではないか、と推測している人もいるようです。

何故この子宮頸がんワクチンが痛いのか。

それは注射方法が「筋肉注射」だからです。

皮膚に近いところから

  1. 皮内注射
  2. 皮下注射(MRワクチンはこれ)
  3. 静脈注射(点滴はこれ、一般的な採血も静脈から)
  4. 筋肉注射

という順番で深くなっていきます。

筋肉注射はこれらの注射方法の中で一番低いところに液を注入するので痛みが強く出てしまいます。

私は子宮頸がんワクチンではありませんが、大人になってから一度持病の治療のために筋肉注射を受けましたが、もう受けたくありません。

静脈注射に慣れ切っている私も、筋肉注射は本当に嫌です。

打ち終えた後もしばらく痛かったです。



はしか・風疹の混合MRワクチン | 副反応はどうか

予防接種といえば、接種後の副反応も心配です。

皮膚の中に要はからだに大きな影響を及ぼさないように加工されたウイルスや菌を入れるのが予防接種ですから、少々の反応がからだに起こるのは当然です。

  • 打った場所が痛む、腫れる、赤くなる、熱を持つ
  • からだに発熱等が発生する

このような反応が出ることが知られています。

私は実際、接種した後医師に

「明らかにおかしい、酷い腫れや痛みがあったらすぐに連絡してください」

と言われました。

では、実際私の身に起こった副反応を書きます。

私に起こった副反応と期間
  1. 接種の3時間後に発生し、そこから4時間くらい持続したのちに消失
  2. 打った場所に少々の痛み
  3. 打った場所に少々の腫れ
    範囲は直径3cmくらい
  4. 打った場所に少々の熱

家族のインフルエンザ予防接種後の副反応の方がよほどつらそうでした。

これも個人差がありますので、参考程度でとらえてください。



はしか・風疹の混合MRワクチン | からだに大きな負担なし

あくまでも私の場合であり、個人差があることを頭においてください。

心配していたほどのことはまったくありませんでした。

これを経験して実感しました。

「予防接種を受けても泣かない赤ちゃん。その理由がわかった!」

これを書いている2019年1月下旬現在、三重県でのはしかの発生報告が止まりません。

ほんの少しの違和感だけで予防をできて、私は良かったと感じています。

ABOUT ME
コンザツ
いつも頭の中が混雑、大渋滞。 30↑の独女で病人。 既にゆっくり余生を過ごしている、そんな人が書く雑記ブログです。