ライフスタイル

【2019年の手帳】高橋書店・torinco(トリンコ)を買ってみた・ほぼ日手帳と比較

どうも、コンザツ(@kon_zatsu)です。

2019年に使う手帳を高橋書店の「torinco」に決め、早速購入。

ほぼ日手帳と比較しながら、ご紹介します!

この手帳、シンプルな生活をしたい人、それをシンプルにまとめたい人にとても向いている手帳です。

  • 高橋書店のtorincoシリーズについて
  • 私が選んだのはtorinco1
  • torinco1の内容
  • ほぼ日手帳との比較
  • torincoを使うのに向いている人

いつも手帳を使いこなせない私ですが、これなら使いこなせそうな気がしています。

高橋書店の手帳・torinco(トリンコ)シリーズについて

シリーズ共通のポイント

「手帳の高橋」として有名な高橋書店から新しく生まれた手帳シリーズ。

それがtorinco(トリンコ)です。

2019年版 1月始まり No.551 torinco1(ネイビーブルー)

created by Rinker

ユニークな名前のその由来は高橋手帳のキャラクターであるカモノハシを意味する「ornitorrinco」から名付けられました。

torincoには1から3まで、三種類の手帳が用意されています。

共通点は2019年1月はじまりで、グリッドメモと横ケイメモがついていることと、全体的なデザインが同じこと。

公式サイトから得られる情報はかなり少なくて、通販で購入した私がわかる共通点はこれだけでした。

各シリーズをわかる範囲でご紹介します。

torinco1

◆◆2019年4月始まり torinco1[ペールブルー] B6変型判 ペールブルー No.704 / 高橋書店

torinco1のポイントは

  • サイズはB6変形判(182*120mm)
  • 月間カレンダーは月曜日始まり
  • 1日1ページ
  • 1,800円(税抜)
  • ネイビーブルー、セピアグレージュ、マスタードイエロー、ペールブルー、スモーキーホワイト、スモーキーピンクの6色展開
  • しおりの紐2本
    名前がわからない…

です。

B6変形判で1日1ページ、追加でカバーを購入する必要のない手帳が1,800円+税って、すごいとしか言えません。

torinco2

◆◆2019年4月始まり torinco2[クリムゾンレッド] B6判 クリムゾンレッド No.716 / 高橋書店

created by Rinker

torinco2のポイントは

  • サイズはB6判(182*128mm)
  • マンスリータイプで日曜日始まり
  • 1,450円(税抜)
  • スモーキーブルー、スモーキーホワイト、アイボリー、ピンクベージュ、ショコラブラウン、クリムゾンレッドの6色展開
  • インデックス付き

です。

お値段から考えると、グリッドメモタイプのフリーページが多いのかな、と思います。

B6サイズなのでゆとりを持って記入できるのがメリット。

torinco3

◆◆2019年4月始まり torinco3[スモーキーブルー] 手帳判 スモーキーブルー No.733 / 高橋書店

created by Rinker

torinco3のポイントは

  • サイズは手帳判(156*91mm)
  • マンスリータイプで日曜日始まり
  • 850円(税抜)
  • スモーキーピンク、ペールブルー、ライトカーキ、スモーキーホワイト、マスタードイエロー、セピアグレージュの6色展開
    →4月はじまり版にはライトカーキがなくかわりにスモーキーブルーを採用
  • インデックス付き

です。

こちらはメインというよりは、サブの手帳として使うのに適しているかもしれません。



【追記】torinco 4月はじまり版が新発売

4月が近づいた頃、torincoの4月はじまり版が発売になりました!

1月と4月の違い
  1. はじまる月が1月と4月
  2. torinco3のカラー展開

以上二点です。

◆◆2019年4月始まり torinco1[ペールブルー] B6変型判 ペールブルー No.704 / 高橋書店

◆◆2019年4月始まり torinco2[クリムゾンレッド] B6判 クリムゾンレッド No.716 / 高橋書店

created by Rinker

◆◆2019年4月始まり torinco3[スモーキーブルー] 手帳判 スモーキーブルー No.733 / 高橋書店

created by Rinker

私がtorinco1を選んだ理由

私が選んだのは、1日1ページタイプのtorinco1です。

最初からマンスリータイプは選択肢になく、ウィークリータイプと大いに迷っていました。

ウィークリータイプか、1日1ページタイプか。

どこから発売されている何のシリーズがいいか。

心はウィークリータイプに傾きましたが、イマイチしっくりくるものに出会えないまま、時間が過ぎていきました。

そんな中、ネットサーフィンをしていると、高橋書店のtorincoが良い、という書き込みを見かけました。

早速調べてみると、1日1ページタイプ。

あまり機能が多くなく、サイズが大きいので書き込みやすそう。

デザインもシンプルでありながらとてもオシャレ。

早速近場の書店で確認しよう、そう思って出かけましたが、高橋書店の他の手帳はあっても、torincoだけありません。

公式ページの情報が物足りなかったので、本当は実物を見て買いたかったんですが、売ってないものは仕方ない、そう思ってネットで購入しました。

結果、思い切って買って大正解です!



【画像付き】torinco1の内容と紙質

torinco1の内容

  • 2018~2020年のカレンダー
    2019年1ページ、2018年と2020年が同じページで1ページ
  • 2019年月間バーチカル
    名前があってるかわかりません
  • 2019イヤービジョン
  • 2019イヤープランニング
  • 2019マンスリーイベント
  • 2018年12月から2020年3月までの見開きの月間カレンダー
  • 2019年1月1日から12月31日まで1日1ページ
    ページ左側に24時間の時刻記載
    グリッドメモ、下部に横ケイメモ
  • グリッドメモのフリーページ

おまけ

  • ID・パスワードリスト
  • 路線図
  • 時差一覧
  • 日本地図
  • 国定公園・国立公園地図
  • 年齢・干支早見表
  • パーソナルデータ
    左側に物差しが印刷されている

 

表紙の手触りはサラサラで、触っていてとても心地よいです。

一般的なボールペンと比較するとこのようなサイズ感。

十分大きいことがわかります。

私が購入したのはネイビーブルーですが、ブラックのような、ダークグレーのような色に見えます。

残念なのが、細かなゴミを呼びやすく、しかも取りにくいところ。

気を付けて使うか、開き直って使うしかなさそうです。

私が上で説明に戸惑ったのはこちらのページです。

月間カレンダー、とても大きくて使いやすい設計。

1日1ページはこのようなデザイン。

本当にシンプルで、バーチカル機能不要の私に嬉しい配置です。

時間が控えめに書かれているのが素敵!

グリッドメモのフリーページ。

ページ数は10ページと残念ながら少な目ですが、手帳自体が大きめサイズなので、このくらいのページ数で良いのかもしれません。

torincoの紙質

大変申し訳ありません。

私は紙質に全然詳しくないので、これしか言えません。

ほぼ日手帳がサラサラなら、torincoはツルツル

語彙力も表現力も皆無ですみません。



torincoとほぼ日手帳の比較

torincoにあってほぼ日手帳にないもの

  • しおりの紐2本

ほぼ日手帳本体自体にはしおりの紐がついておらず、別売りのカバーについている紐を使うことになります。

torincoはカバー不要で、手帳自体に紐が2本ついています。

ほぼ日手帳にあってtorincoにないもの

  • 1日1ページ下の有名人の著書からの抜粋(日々の言葉)
    torincoでは横ケイメモスペースになっている

意外や意外、内容に違いはほとんどありません!

(おまけは除きます)

torincoとほぼ日手帳を画像で比較

くまー!

ではなく。

カバーなしのほぼ日手帳、ボールペン二本、torincoのサイズ比較です。

ちなみにくまの文庫本カバーははほぼ日手帳の商品ではありません。

(くまは「逃げるは恥だが役に立つ」劇中に登場して話題になった「もちくま」です)

グリッド(方眼)の大きさ比較。

左がほぼ日手帳で、右がtorincoです。

新品でまだ使わない手帳にペンで書く勇気がなく、クルトガシャープペン0.3mmで失礼します。

torincoの方がグリッドのサイズが大きいので、字のサイズが普通以上の方はtorincoの方が書きやすいと思います。

字が綺麗に書けるかもしれない魔法のシャーペン

三菱鉛筆 クルトガ アドバンス 0.3mm M3-559 1P

created by Rinker

torincoとほぼ日手帳の価格比較

torincoは手帳単体が1,800円。

カバーが必要のない作りになっているので、他に必要なものはありません。

ほぼ日手帳は手帳単体(オリジナル・A6サイズ)が2,000円。

単体でも使えるには使いますが、そういう人はかなり少ないと思います。

1番安いカバーと合わせてセット購入すると3,500円で、torincoのほぼ倍の価格です。

以上、すべて税抜き価格です。



torincoを使うのに向いている人

シンプルがいい。
バーチカル不要。
格言みたいなものも不要。
サイズは少し大きい方がいい。
1日1ページがいい。
価格が安い方がいい。
別売りアイテムが必要ない手帳を使いたい。

 

手帳に複雑な機能を求めていない方に向いています。

B6変形判というのが大きなポイントで、大きい分自分の好きなように書いたり、何かを貼ったりすることができます。

シンプルだからこそ、デコりたい人にも向いているかもしれません。

この手帳は2019年1月はじまりなので、使い始めるのはまだ先ですが、今からその日がくるのがとても待ち遠しいです。

◆◆2019年4月始まり torinco1[ペールブルー] B6変型判 ペールブルー No.704 / 高橋書店

◆◆2019年4月始まり torinco2[クリムゾンレッド] B6判 クリムゾンレッド No.716 / 高橋書店

created by Rinker

◆◆2019年4月始まり torinco3[スモーキーブルー] 手帳判 スモーキーブルー No.733 / 高橋書店

created by Rinker



【追記】高橋書店さまからインスタにコメントをいただきました!

 

この記事を書きながらInstagramにも写真を掲載していました。

すると、高橋書店オフィシャルインスタグラムからコメントをいただきました!

ありがとうございます!

嬉しすぎてスクショもインスタにアップしてしまいました。

【追記】torincoとペンの相性

私が使ったペンとの相性をお知らせします。

  • シャーペン(0.3mm)
  • ZEBRAのSARASA各種(クリップ、多機能、マーブル、いずれも0.5mmで確認)
  • 三菱鉛筆の多機能ペン・スタイルフィット(シグノ0.38mm)

上記はいずれもストレスまったくなく書き込むことができます。

  • ぺんてるの多機能ペン・アイプラス(スリッチーズ0.3mm)

残念ながらアイプラスのリフィルであるスリッチーズとの相性は良くなさそうです。

0.3mmという一番細いペン先のもので書いたせいかもしれませんが、書く場所によって紙にペン先がカリカリと引っかかるような感覚があって、インクがかすれます。

書き続けていたらペン先が壊れそうな感じもあったので、このペンをtorincoに使うのは途中でやめました。

一番書きやすいと感じたのはZEBRAのSARASA各種です。

無印良品のさらさら描けるゲルボールペンもSARASAのOEMなので、相性ばっちりです。

ゼブラ ゲルインキボールペン サラサクリップ 0.5mm 黒 JJ15-BK【書きやすいボールペン】【SARASA】

created by Rinker

◆◆2019年4月始まり torinco1[ペールブルー] B6変型判 ペールブルー No.704 / 高橋書店

◆◆2019年4月始まり torinco2[クリムゾンレッド] B6判 クリムゾンレッド No.716 / 高橋書店

created by Rinker

◆◆2019年4月始まり torinco3[スモーキーブルー] 手帳判 スモーキーブルー No.733 / 高橋書店

created by Rinker

RELATED POST